歯をチェックしている医者達

治療の重要性について

いろいろな歯科器具

 私たちの生活において、歯科医院は絶対に欠く事のできない存在でもあります。ここでは、治療以外にも、虫歯予防のための検診や、その他歯列矯正なども実施する事ができます。  歯科におけるこれまでの変遷としては、明治期に外国人歯科医師が日本に来た事で、始まったとされています。その後は、明治政府が外国の医療を取り入れていく事を決定し、外国人医師を招いて治療方法などが確立されていったとされています。日本の歯科医師の第1号としては、小幡英之介が知られています。歯に関する文献や一般の人でも目にする簡単な資料などにもこの名前は出てきます。 この小幡英之介に入門する人も出る様になり、歯科の分野が確率していきました。大学などにおいても専門科が設けられ、専門知識や技術を学ぶ様になっていき、外国の医療方法なども取り入れながら、現在に至っています。  

 歯科治療を必要とする人の数については、今後も更に増加していく事が考えられます。まず、虫歯の痛みは、歯の構造として、多くの人にとっても耐え難い痛みである事に変わりなく、この痛みから解放されるためには、専門的な治療が必要となります。現在も歯医者の数が多いといわれていますが、需要が多い事で、歯科医院の数も更に拡大していく事なども想定されます。  また、治療だけでなく、歯を健康に保ち、加えて美しく保つ事などにも需要が高まっていく事が予想され、それに関する治療方法なども進化していく事が考えられます。使用する機器や液剤、薬等についても、専門的な研究や開発が続いていくと考えられ、そこに国からの研究費などが投入される事なども想定されます。